沿革

沿革

1973年  3月
ディジ・テック研究所創業
1980年  3月
株式会社ディジ・テック研究所に法人改組 (資本金500万円)
1980年12月
8ビット制御用コンピュータシステム開発
1984年  3月
資本金1000万円に増資
1985年  4月
カスタムLSI設計会社「ZENIC」を日本板硝子株式会社と合弁にて設立
1988年10月
ハンディターミナルを受託開発 (RZ-5510シリーズ)
1990年12月
特定小電力無線搭載ハンディターミナル開発
1996年  4月
自社企画ハンディターミナル「SH-200」開発
1996年12月
BCR一体型ハンディターミナルを開発 (RZ-A130シリーズ)
1997年  7月
資本金2000万円に増資
1998年  4月
株式会社ディジ・テックに社名変更
1998年11月
資本金4000万円に増資
1998年12月
決算期を3月から12月に変更
2001年  5月
自社ブランドハンディターミナル「Sparklet DHT-100シリーズ」開発・発売
2003年  1月
資本金7210万円に増資
2003年  5月
自社ブランドハンディターミナル「Sparklet DHT-200シリーズ」開発・発売
2003年11月
ISO14001認証取得
2005年10月
東京出張所開設
2005年11月
ISO9001認証取得
2005年12月
自社ブランドハンディターミナル「Sparklet DHT-110シリーズ」開発・発売
2007年  3月
データコレクタ(DHT-114/DHT-116)発売
2008年  3月
東京営業所を千代田区西神田に開設 (出張所は廃止)
2008年  6月
経済産業省中小企業庁『元気なモノ作り中小企業300社2008年版』に選定される
2008年11月
計測器Bluetoothアダプタ Pi! が(財)東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品となる
2009年  4月
RFIDハンディターミナル「Sparklet DHT-120シリーズ」開発・発売
2009年  6月
資本金8000万円に増資
2009年  9月
自社ハンディターミナル「Sparklet DHT-210シリーズ」開発・発売
2010年  4月
資本金9800万円に増資
2010年  9月
自社ハンディターミナル「Sparklet DHT-217」開発・発売
2011年  9月
Bluetoothハンディスキャナ「Sparklet DHS-100シリーズ」開発・発売
2013年  7月
本社を大津市打出浜に移転
2013年  11月
Bluetoothハンディスキャナ「Sparklet DHS-100Aシリーズ」開発・発売
2014年  8月
BluetoothハンディスキャナDHS-132Aが(財)東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品となる
2015年  7月
計測器BluetoothアダプタDKA-102が(財)東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品となる
2016年  9月
Bluetoothデジタルメジャー「DDM-100シリーズ」開発・発売

業績

  • ハンディターミナル

    4ブランド(ODMを含む)

  • 業務用携帯端末

    入力装置、PIN端末、通信アダプタ、充電装置

  • 画像処理装置

    表示装置、検査用画像処理装置

  • コンピュータ関連機器

    制御用コンピュータ、各種インターフェース基板

  • 検査装置  

    ガラス製造工程検査器、タイヤ検査装置、液晶表示検査器
     ゲームカセット検査器