工数管理

工数管理とは、作業の述べ所要時間の多少について分析し、人員の増減検討や工数の節減を図る方法を立案・実施・評価する管理手法のことです。 あらかじめ設定されている標準工数と実績工数を比較し、その差異を把握して分析・対策することにより作業効率改善に役立てます。

導入シーン

作業開始 (終了) 時、ペン型ハンディターミナルで『作業員名札バー
コード』と『工番バーコード』の2つのバーコードを読み取ります。読み
取ったバーコードとハンディターミナルの時計機能により、「誰がどの
作業を何時何分から開始し、何時何分に終了したか」を記録すること
が可能です。

メリット
・作業員の正確な作業工数が把握出来ます。
・作業工数の短縮や作業の役割分担変更な
 どが可能になり、作業効率改善が図れます。

使用機器